AndroidのマイクロUSBの接触不良が以外な方法で直ってしまう。

AndroidのマイクロUSBが故障しました。

 

故障の原因

バイクや自転車に取り付けるタイプのスマホホルダーにUSBを差し込んだまま入れていた。接触部分が長時間押されていたため故障したものと思われる。

 

行った改善策

3対策ぐらい行いました。

①USB・ACモード

ACモードかUSBモードか確認してACモードになっていることを確認します。

②マイクロUSBコード

コードに問題があると思い、さまざまなコードに変更しました。ツメがつぶれていると接触不良の原因になります。

③マイクロUSB接続部分

スマートフォンのマイクロUSB部分は中央に接触部分が浮いています。これが曲がってしまうと接触不良を起こします。マイナスドライバーで起こす処理を行いましたが、症状が悪化してしまいました。接続は問題ないのに充電が遅くなってしまいました。

評判のいいマイクロUSBを購入

評判のいいマイクロUSBを購入して接続しました。ツメがかなり強く入れるのにもかなり押す力が必要でした。しかし接触不良は治らず。

まだましだったマイクロUSBコードに変更したところ、ふつうに充電できるようになりました・・・もしかして強力なツメで位置矯正されていたのかも。

その後、プラスチック破壊

それでも改善されないため、プラスチックをマイナスドライバーでいじっていたところ、破損・現在は修理に出しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です