翻訳英語版 ハートノロジー

https://en.wikipedia.org/wiki/Hauntology

ハートノロジー

Hauntology (a portmanteau of haunting and ontology) is a concept coined by philosopher Jacques Derrida in his 1993 book Spectres of Marx.

Hauntology(幽霊とオントロジーの舞台)は、1993年の彼の著書「マルクスの幽霊」で哲学者ジャック・デリダによって造られた概念です。

The term refers to the situation of temporal, historical, and ontological disjunction in which the apparent presence of being is replaced by a deferred non-origin, represented by “the figure of the ghost as that which is neither present, nor absent, neither dead nor alive.

この言葉は、存在の明らかな存在が、存在しない、存在しない、死んでいない、あるいは死んでいない、幽霊の姿で表される、遅延していない非起源によって置き換えられている、時間的、歴史的、生きていない。

“[2] The concept is derived from Derrida’s deconstructive method, in which any attempt to locate the origin of identity or history must inevitably find itself dependent on an always-already existing set of linguistic conditions—thus making “haunting the state proper to being as such.”

この概念は、アイデンティティや歴史の起源を特定しようとする試みが必然的に常に存在する既存の言語条件に依存しなければならないデリダの解体法から導かれているなど。”

In the 2000s, the term was taken up by critics in reference to paradoxes found in late modernity, particularly contemporary culture’s persistent recycling of retro aesthetics and incapacity to escape old social forms.

2000年代には、この言葉は近代後期に見られる逆説、特に現代文化のレトロな美学の持続的なリサイクルと古い社会形態を逃れることができないという批評家によって取り上げられました。

Critics such as Mark Fisher and Simon Reynolds used the term to describe art preoccupied with this temporal disjunction and defined by a “nostalgia for lost futures.”

マーク・フィッシャーやサイモン・レイノルズのような批評家は、この一時的な異端に精通し、「喪失した先物のための郷愁」によって定義される芸術を表現するためにこの用語を使用した。

Origins and definition

起源と定義

The concept has its roots in Derrida’s discussion of Karl Marx in Spectres of Marx, specifically Marx’s proclamation that “a spectre is haunting Europe—the spectre of communism” in The Communist Manifesto.

この概念は、デリダがマルクスの亡霊のカール・マルクスを討論したことに由来し、具体的には、共産主義宣言の中で、「幽霊がヨーロッパを悩ましている – 共産主義の幽霊」というマルクスの宣言である。

Derrida also calls on Shakespeare’s Hamlet, particularly a phrase spoken by the titular character: “the time is out of joint.”

デリダはまた、シェイクスピアのハムレット、特に象徴的なキャラクターが語ったフレーズを要求しています。「時間が合わない」

“Derrida’s prior work in deconstruction, on concepts of trace and différance in particular, serves as the foundation of his formulation of hauntology, fundamentally asserting that there is no temporal point of pure origin but only an “always-already absent present..” The word functions as a deliberate near-homophone to “ontology” in Derrida’s native French.

デリダの先例的な脱構築は、特に微妙な違いのコンセプトに基づいており、純粋な起源の時間的ポイントは存在しないが、「常に存在していない存在」だけを根本的に主張している。語は、デリダの母国語の “オントロジー”に意図的に近い同音異字として機能します。

Peter Buse and Andrew Scott, discussing Derrida’s notion of hauntology, explain:

デリダの拠点概念について議論しているピーター・ブューズとアンドリュー・スコットは、次のように説明しています。

Ghosts arrive from the past and appear in the present.

幽霊は過去から到来し、現在に現れます。

However, the ghost cannot be properly said to belong to the past. . . . Does then the ‘historical’ person who is identified with the ghost properly belong to the present? Surely not, as the idea of a return from death fractures all traditional conceptions of temporality.

しかし、幽霊は過去のものであるとはいえません。 。 。 。それでは、幽霊と識別された「歴史的」人物は、現在の所属ですか?確かに、死からの復帰のアイデアはすべての伝統的な時性の概念を破壊するので、そうではありません。

The temporality to which the ghost is subject is therefore paradoxical, at once they ‘return’ and make their apparitional debut.

したがって、幽霊の対象となる時間的性格は逆説的であり、すぐに彼らは「帰ってきて」彼らの奇妙なデビューを行う。

Derrida has been pleased to call this dual movement of return and inauguration a ‘hauntology’, a coinage that suggests a spectrally deferred non-origin within grounding metaphysical terms such as history and identity. . . .

デリダは、歴史とアイデンティティーのような形而上学的な用語を根底に置いてスペクトル的に延期された非起源を示唆する造語である、帰還と就任のこの二重の動きを「hauntology」と呼ぶことを喜んでいる。 。 。 。

Such an idea also informs the well-known discussion of the origin of language in Of Grammatology, where . . . any attempt to isolate the origin of language will find its inaugural moment already dependent upon a system of linguistic differences that have been installed prior to the ‘originary’ moment .

このような考え方は、文法学の言語の起源に関するよく知られた議論にもつながっています。 。 。言語の起源を切り離そうとする試みは、その起源の瞬間に先立ってインストールされた言語的差異のシステムにすでに依存している。

Critical applicationsクリティカルなアプリケーション

Derrida’s writing in Spectres is marked by a preoccupation with the “death” of communism after the 1991 fall of the Soviet Union, in particular after theorists such as Francis Fukuyama asserted that capitalism had conclusively triumphed over other political-economic systems and reached the “end of history”

デリダの「スペクターズ」の著作は、1991年のソ連崩壊後、特にフランシス・フクヤマなどの理論家が資本主義が他の政治経済体系に決定的に勝利し、「歴史の終わり」に達したと主張した後、共産主義の「死」を意識している。

Taking inspiration from the pervasive ghost imagery in Marx’s writing, Spectres has been said[by whom?] to concern itself with the question, “if communism was always spectral, what does it mean to say it is now dead?”Contemporary writers such as theorist Mark Fisher specifically used the concept of hauntology to describe a sense in which contemporary culture is haunted by the “lost futures” of modernity which were purportedly cancelled in postmodernity and neoliberalism.Hauntology has been described as a “pining for a future that never arrived;” in contrast to the nostalgia and revivalism which dominate postmodernity, hauntological art and culture is typified by a critical foregrounding of the historical and metaphysical disjunctions of contemporary capitalist culture as well as a “refusal to give up on the desire for the future.

スペルサーは、マルクスの執筆における広範囲の幽霊のイメージからインスピレーションを得て、「もし共産主義がいつものスペクトルであったならば、現在それが死んでいることは、言うために、何を意味しているか?」という質問に心配するように言われました。」理論家マークフィッシャーなどの同時代の作家は、浪費された未来に同時代の文化に通う感覚を説明するために、hauntologyの概念を特に用いた

“ポストモダニティを支配するノスタルジアとリバイバル主義とは対照的に、hauntologyの芸術と文化は、現代の資本主義文化の歴史的・形而上学的差別と、将来の欲望をあきらめることを拒否することを批判している。

“Fisher and others drew attention to the shift into post-Fordist economies in the late 1970s, which Fisher argues has “gradually and systematically deprived artists of the resources necessary to produce the new.”

フィッシャーらは、1970年代後半にポーランドのポスト経済への移行に注目した。フィッシャー氏は、「新しいものを生産するために必要な資源を徐々に組織的に奪い取っている」と主張している。

Hauntology has been used as a critical lens in various forms of media and theory, including music, political theory, architecture, Afrofuturism, and psychoanalysis.

Hauntologyは、音楽、政治理論、建築、アフリカ、アフリカ、精神分析など、さまざまなメディアや理論の重要なレンズとして使われてきました。

Music

Hypnagogic popcultural memory催眠術のポップカルチャーメモリ

Derrida’s concept of hauntology is most prominently applied to a segment of 21st-century musicians exploring ideas related to temporal disjunction, retrofuturism, cultural memory, and the persistence of the past. Common reference points in hauntological music include vintage analog synthesisers and cassette tapes, library music, old science-fiction and pulp horror programmes (including the soundtracks of the BBC Radiophonic Workshop), musique concrète and found sounds, dub and English psychedelia, and 1970s public informational films. A common element is the foregrounding of the recording surface noise, including the crackle and hiss of vinyl and tape, calling attention to the decaying medium itself.

21世紀のミュージシャンの一団には、デリダの時代錯誤、レトロな未来主義、文化的記憶、過去の永続性といったアイデアを探求するデリダの概念が最も際立っています。ちょっとした音楽の一般的なリファレンスポイントには、ヴィンテージアナログシンセサイザーやカセットテープ、図書館の音楽、古いSFやパルプホラープログラム(BBCラジオフォニックワークショップのサウンドトラックを含む)、ムーニークコンクールとサウンドの発見、ダブと英国のサイケデリア、情報フィルム。一般的な要素は、ビニールやテープの鳴き声やヒスを含めて、記録面の騒音の前面にあり、腐敗する媒体そのものに注意を払うことです。

Artists associated with hauntology include members of the UK label Ghost Box (such as Belbury Poly, The Focus Group, and the Advisory Circle), London dubstep producer Burial, electronic musicians such as the Caretaker, William Basinski, Philip Jeck, Aseptic Void, Moon Wiring Club and Mordant Music. Early progenitors of the approach include Boards of Canada and Position Normal.

hauntology学に関連するアーティストには、英国のレーベルGhost Box(Belbury Poly、The Focus Group、Advisory Circleなど)、London dubstep producer Burial、Caretaker、William Basinski、Philip Jeck、Aseptic Void、Moonなどのエレクトロニックミュージシャンワイヤリングクラブとモーダントミュージック。このアプローチの初期の先駆者には、カナダのBoardsとPosition Normalがあります。

According to Mark Fisher, the hauntology movement represents contemporary electronic music’s “confrontation with a cultural impasse: the failure of the future.” Hauntological music is identified with British culture, and was described as an attempt to evoke “a nostalgia for a future that never came to pass, with a vision of a strange, alternate Britain, constituted from the reorder refuse of the postwar period.” Music journalist Simon Reynolds described it as an attempt to construct a “lost utopianism” rooted in visions of a benevolent post-welfare state. A sense of loss and bereavement is central to the phenomenon, according to theologist Johan Reddebo.

Mark Fisherによると、hauntology学の動きは、現代のエレクトロニックミュージックの「文化的窮状との対立:未来の失敗」を表している。音楽は英国の文化と一致しており、「決して忘れられない未来へのノスタルジア戦後の再注文拒否から構成された、奇妙で代替的な英国のビジョンを持つようになった」音楽ジャーナリストのサイモン・レイノルズは、慈悲深い福祉国家のビジョンに根ざした「迷いのユートピア主義」を構築しようとしていると述べた。神学者のヨハン・レデュボ(Johan Reddebo)によれば、この現象の中心的要素は失われていることです。

Hypnagogic pop is described as an American “cousin” to hauntology and is also known to engage with notions of nostalgia and cultural memory. The two styles were likened[by whom?] to “sonic fictions or intentional forgeries, creating half-baked memories of things that never were—approximating the imprecise nature of memory itself.”

催眠術のポップは、アメリカの「いとこ」としての幼稚園と言われており、ノスタルジアと文化的記憶という概念に従事することも知られています。この2つのスタイルは、「誰によって?」と言われていましたが、これは決してそうではないものの半分の焼きたての記憶を作り出し、記憶そのものの不正確な性質に近似しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です