翻訳:ソニックフィクション、聴覚自己陶酔&消失の美学

http://picnoleptics.blogspot.com/2009/11/hauntology-derridas-specters-of-marx.html

Derrida’s 1993 published book ‘Specters of Marx’ and in particular the concept of ‘hauntology’ (derived from the word ‘ontology’ said in a French) has its roots in a quote by Marx from 1848 that a “spectre is haunting Europe, the spectre of communism.”

デリダの1993年の出版された本「マルクスの幽霊」、特に「オントロジー」の概念(フランス語で「オントロジー」と呼ばれています)は1848年のマルクスによる引用に根源を持っています。共産主義の幽霊。

The concept of ”hauntology” as a nature of being is an idea which inherently embeds the realm of the past in the that of the present, the ghosts of the past return to haunt us. Derrida’s also draws heavily on a quote from Shakespeare’s Hamlet – “the time is out of joint”. To steal this useful quote from Deleuze taken from this blog:

存在の本質としての「ハントロジー」の概念は、本質的に過去の領域を現在のものに埋め込んだアイデアであり、過去の幽霊が私たちを迎え入れるためのものです。デリダは、シェイクスピアのハムレットの「時の流れのつぎぎ目は途切れてしまった」との引用にも大きく依存しています。このブログから取られたイリュージョンのこの有益な引用を盗むには:

” The time is out of joint. Time is out of joint, time is unhinged. The hinges are the axis around which the door turns. Cardo [hinge of the door, the semantic root of “cardinal” numbers], in Latin, designates the subordination of time to the cardinal points through which the periodical movements that it measures pass. As long as time remains on its hinges, it is subordinate to movement: it is the measure of movement, interval or number. This was the view of ancient philosophy. But time out of joint signifies the reversal of the movement-time relationship. It is now movement which is subordinate to time. [ . . .] Time is no longer related to the movement which it measures, but movement is related to the time which conditions it.” (Deleuze, Kant’s Critical Philosophy, vii, 1963).

Cardo [ドアのヒンジ、 “基数”の意味論的根拠]は、ラテン語で指定されていますそれが通過する定期的な動きが通過する基点への時間の従属。時間がそのヒンジに留まる限り、それは運動に従属する:それは動き、間隔または数の尺度である。しかし、時間外の動きは、もはやそれが測定する動きには関係しませんが、動きは時間との関係に関係しています。それを調整する時間。 (ドリューズ、カントの批判的哲学、vii、1963年)。

The resonance of this concept within music and ‘cyberpunk’ (or cultural cybernetics) more broadly has seen people like Simon Reynolds (see his blog for the backlash on the H word)and ultimately moreso Mark K-Punk theorise ‘sonic hauntology’. See here for an interview with Mark Kpunk about hauntology.

このコンセプトの音楽とサイバーパンク(あるいは文化的サイバネティクス)の共鳴は、サイモン・レイノルズ(彼のブログでH単語のバックラッシュを参照)、そして最終的にはマーク・K・パンク理論のソニック・ハントロジーのような人々をより広く見てきました。ここで、マーク・パンパンクとの親交についてのインタビューをご覧ください。

In terms of characteristics of cyberpunk elements of Science fiction, dystopic near future world views, ala William Gibson and the music K-Punk references juxtaposing Robert Johnson and Tricky and more recently comparing Burial to the ‘new rave’ movement, the sense of ‘time being out of joint’, a displacement of the movement-time relationship is certainly a theme with much to explore.

サイエンスフィクションのサイバーパンク要素の特徴、将来の世界観に近いジストティックな特徴については、ウィリアム・ギブソンとK-Punkの音楽はロバート・ジョンソンとトリッキーを並置しており、最近は埋葬と新レイヴの動き、 「共同体から外れている」とすれば、移動時間の関係の変位は確かに探求すべき多くのテーマである。

A symposium at the Museum of Garden History in May 2008 tackled the themes of hauntology and sound. Here is K-Punks online version of his presenation. A press release for the event can be found here.

2008年5月に開催された庭園歴史博物館でのシンポジウムでは、環境と音のテーマが取り上げられました。彼のプレゼンテーションのK-Punksオンライン版がここにあります。イベントのプレスリリースはこちらからご覧いただけます。

The current state of the wikipedia entry ‘Hauntology – musical genre’ is somewhat weak, as the 14-tracks selection dedicated to Hauntology and subsequent commentary demonstrates much better, to call it a ‘genre’ is misleading and the ‘sense of dread’ assigned to it, oversimplifies and doesn’t leave much room for the more interesting aspects to explore, especially for my purposes around the space-time-movement relationship.

ハウトロジーとそれに続く解説に捧げられた14トラックの選択は、それを「ジャンル」と呼ぶためにはるかに優れているため、ウィキペディアのエントリ「Hauntology – musical genre」の現在の状態はやや弱いです。それは、時空間の関係を中心に、特に私の目的のために、より単純化し、より興味深い側面を探索する余地をあまり残さない。

The original approach of Derrida on Marx’s work, especially given the historical and political situation in 1993 and as a challenge to Francis Fukuyama’s End of History thesis after the events of 1989 and the ‘fall of communism’ in eastern europe – these uncover many more complex issues of political ideology, particular given Derrida’s deconstructivist approach.

1993年の歴史的・政治的状況を踏まえ、1989年のイベント後のフランシス・フクヤマの「歴史の終わり」と東欧の「共産主義の崩壊」への挑戦としてのマルディスの作品に対する当初のアプローチは、特にデリダの脱構築主義的アプローチを考えれば、政治イデオロギーの問題である。

My interests lie in examining sonic hauntology as elaborated by Mark K-Punk Fischer in his writings, as an auditive aesthetic phenomenon and as a cultural cybernetic phenomenon.

私の興味は、Mark K-Punk Fischerが彼の著述、聴覚審美的現象、文化的サイバネティック現象として精巧に描かれているような、ソニック・ハントロジーを調べることにある。

The space-time continuum and time-movement relationship also brings me back to Virilio’s dromologiy of media, although he never really directly addresses auditive phenomenology aside of audiovisual media, some analysis of Virlio’s texts could be useful in this context.

時空間の連続性と時代性の関係は、オーディオビジュアルメディア以外の聴覚現象を直接扱うことはありませんが、Virilioのテキストの分析は、この文脈で役に立つかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です