日常は何もない、だからどうした?『そうして私たちはプールに金魚を、』レビュー

それらしき界隈でひそかに話題になっている「そうして私たちはプールに金魚を、」をvimeoで鑑賞した。 ちなみに私は1度も聞いたことがなかった。さいたま県狭山市で過ごす4人の女子中学生が、学校のプールに大量の金魚を放流した実際の事件がモチーフとなっている。

少女たちはそれなりに狭山で終えるありきたりな人生というものに抵抗があるが、それをどのように変えればいいかわからないし、だからといって何かに打ち込んだり、それを打破しようとせず過ごしていく。その様子は真綿で首を絞められていくような、なにも起きることのない地獄でただ何もせずいるようである。

それとは対照的に不自然に美しく切り取られる狭山の日常は違和感でしかない。いわいる「インスタ映え」するシーンを寄せ集めたようになっている。どんなに日常をフォトジェニックに切り取っても、それらが、彼女たちが予想する「どうしようもない人生」を変えるものではない、というのが皮肉になっている。

ところでインスタというキーワードが登場したが、それ以外にも30分という作品時間の短さ、それを4チャプターに分割した作品形態、ネットで無料公開、というスタイルはショートコンテンツが氾濫する現代のSNS感覚が取り入れられているといえる。

少女たちはプールに金魚を放流するために学校へ疾走するのだが、そのシーンでギターサウンドと粗々しいドラム音が鳴り響く。そのさまは「害虫」のクライマックスのオマージュのようであるのだが、その後は全く異なるものとなっている。少女たちの日常には最後まで何もないことが強調される。

しかし少女たちはそれなりに楽しんでいるように見える。多くのオジサンたちが「インスタの中だけキラキラした少女たちの日常」と揶揄したとしても、それを簡単い跳ねのけてしまうほど、作品の映像はグルービーで圧倒的だった。そして「インスタの中だけキラキラした少女たちの日常」なんてことは少女たちも承知しているだろう。これがわたしたちの日常だ!と高らかに宣言したのがこの映画なのだ。

それなりに話題になっており、ツイッターではラブ&ポップと比較するつぶやきなどもみつけた流れで、害虫や台風クラブなどを再鑑賞した。

台風クラブは台風がきた夜に学校に泊まり、どしゃぶりの雨が降る校庭や体育館で、下着姿で踊って見せる青春映画だ。それにくらべてプー金は、プールが暗くて金魚も見えなく、結局謹慎となり、何事もなく終わってしまう。台風クラブのカタルシスには到底たどり着けないヨネ、と自嘲ぎみに自己分析しながら、でもそれなりに楽しんでるよ。という声が聞こえてくるようだ。

ガブリシャス

自分で調べ行った汗疱・手湿疹の治療方法

さまざまな薬を試し、学んだことを記録したいと思います。私の場合、手湿疹・汗疱は処置の誤りで長期化してしまいました。処理の誤りの原因は症状に対する自らの認識不足にあります。治療法は人によってさまざまですので、自らの症状にあった治療法を考えましょう。

汗疱はなぜ起こる?

汗疱は現在原因不明とされていますが、皮膚のバリア機能の低下時に化学製品などに長期間触れることにより引き起こされるといわれています。それともうひとつは手汗も原因のひとつとして考えられています。

肌を守るための抵抗として「水泡ができたり」「赤くなったり」「腫れあがったり」します。

私はもともと季節問わず手汗が出る体質であったことと、濃縮タイプの洗剤に変えたことで汗疱の症状が悪化しました。

どのような処置をした?

病院に頼ると自らで症状の対処を考えないため、今後の学びとするために病院にはかからず対応しました。また病院ではステロイドを処方されるようですが、ステロイド処方は最終手段として考えたいためでもあります。

①保湿クリーム

はじめの処置としては保湿クリームを塗りたくる処置を行っていました。しかししばらくして塗った患部がはれ上がりました。保湿クリームはあくまで健康な肌の保湿としての用途のため、バリア機能の低下した皮膚化では刺激となり、炎症を悪化させたものと思われます。

また手湿疹にきくといわれている「ユースキン」という保湿クリームも使用しましたが、刺激が強く痒みや赤みが増してしまいました。この処理は段階的に予防や治りかけのときに行うべきです。

②ワセリン

保湿クリームのかわりにワセリンを塗る処置を行いました。しかしこれも同様に患部が赤く腫れあがり、しだいに硬化しました。塗りすぎて悪いことはない、という誤った認識による副作用でした。

一度は処置をやめ、自然治癒を目指しましたが、やはり保護処置を行うべきだとあらため、ワセリンを塗るようにしました。皮膚の硬化・はがれる現象は皮膚のターンオーバーであり、悪いことでないという認識でワセリン保護を続けました。

塗るさいの注意点は、刺激を与えないこと、つまり塗り込まない、こすらないことが大事だと感じます。

③自然治癒・水に触れない

やたらに何かを塗ることで症状が悪化することが続いたため、特になにもせず過ごすことにしました。ただお風呂や食器を洗う際はゴム手袋を着用し皮膚を保護しました。皮膚の炎症はなくなりましたが、症状は汗疱から手湿疹に移行していき、ひどい乾燥状態となりました。しかしバリア機能が低下しているため保湿クリームは使用してはいけないので処置を考える必要がありました。

④キズパワーパッド

手湿疹がひどい箇所をすべてキズパワーパッドでおおってしまう処置です。搔きむしる必要がなくなるなどストレスから解放されます。しかしパッドをはがすときに新たにできた皮膚もむけてしまうためあまり効果はありませんでした。

⑤漢方「温経湯」の錠剤

手湿疹に効果がある漢方として紹介されていた「温経湯」を食後に飲むようにしたところ、手が赤く腫れあがる等の症状はきえ、症状は改善していきました。

漢方の処方とワセリンの保護の2つの方法で2日であっさりと症状は改善していきました。

 

総括

現在治療中です。ネットでの情報をうのみにせず、自らの頭で考え、対処することが必要です。病気を治すにも知性が必要であることをかんじました。