uber eatsのコツ紹介-鳴らないときはこれをしよう-

uber eatsで働いていると、なかなか注文が来ないことがあります。そんなときはどうすればよいかをまとめていきます。

ならない理由を考える

配達者に配達依頼がこない理由は3つの事柄が考えられます。①そもそも注文がない、②付近に注文がない、③配達員が多すぎる、などです。さらに配達者の評価なども影響している、といわれています。

①そもそも注文がない

10時や16時などのお昼や夕ご飯の間の時間は注文が比較的少ないものと思われます。そういった場合はスムージー店やサラダ店などの軽食狙いでいくのもいいでしょう。

②付近に注文がない

エリア外や注文多発エリアから離れているとなかなか配達依頼はきません。配達員が多い時間帯は、鳴る確率も低くなるので、店舗が多そうな場所に移動してみましょう。

また1回でも配達依頼がきた店舗付近には配達員はいないと考えて、その付近で待機するのもいいでしょう。

③配達員が多すぎる

配達員が多すぎる場合、多数の配達員に分配されるので注文は少なくなると考えていいでしょう。こういった場合は、待機場所・評価・移動手段などで選出されているものだと思われます。

自分で考えて行動することが大事

uberではだれかの指示は存在しません。LINEグループなどのコミニティで、鳴らないと嘆いてuber批判をしている人がいますが、批判をする前に、アルゴリズムなどの情報を収集して、鳴るように動きましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です